洞爺湖芸術館の公式サイトです

芸術館について

洞爺湖芸術館について

洞爺湖芸術館は平成20(2008年)年4月に開館しました。
建物自体は昭和27年(1952年)から平成18年(2006年)まで、旧洞爺村の役場として使用されていたものを改装し、使用しています。
昭和という時代が色濃く感じられるレトロ感覚あふれる建物は、小規模ながら、すぐれた収蔵品とともに訪れる人を暖かくお迎えします。

★常設展示作品
洞爺村国際彫刻ビエンナーレ作品
彫刻家・砂澤ビッキの絵画・彫刻作品
写真家・並河萬里の写真作品
近・現代文学初版・限定本コレクション

館内のご案内
 

画像の説明

1F ①近・現代文学初版・限定本コレクション室
   ②町民ギャラリー室
    町民ギャラリーが開催される他、ミュージ
    アムショップと休憩コーナーが設けられて
    おり、ハーブティのサービスも。
   ③多目的化粧室
   ④男子トイレ
   ⑤女子トイレ
   ⑥砂澤ビッキ彫刻・絵画作品展示室

画像の説明


2F ①並河萬里作品展示室
   ②洞爺村国際彫刻ビエンナーレ展示室A
   ③洞爺村国際彫刻ビエンナーレ展示室B




画像の説明
▲洞爺湖芸術館正面入り口        ▲2F作品展示室への階段

画像の説明
▲2F展示室前の廊下           ▲2F階段上の窓(旧洞爺村役場時代の窓ガラス。
                    現在ではめったに見られない手造りガラスのため、
                    表面がゆがんでいます)

画像の説明
洞爺湖芸術館から見た洞爺湖  手前は友の会のメンバーが丹精こめて植え付けした花壇

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional