洞爺湖芸術館の公式サイトです

FrontPage

洞爺湖畔でアートに触れるひとときを

洞爺湖芸術館外観
洞爺湖芸術館は、洞爺湖が一望できる湖畔の小さな美術館。北海道を代表する彫刻家・砂澤ビッキの作品と、「手のひらの宇宙」をテーマにした「洞爺村国際彫刻ビエンナーレ」の作品、ユネスコ世界遺産主席写真家を務めた並河万里の写真の他、日本の近・現代文学の初版・限定本のコレクションを展示しています。また、特別展やミニコンサートなど、年間を通して多彩な企画で皆様をお待ちしています。
所在地   〒049-5802 北海道虻田郡洞爺湖町洞爺町96-3 
電話番号   0142-87-2525

開館時間  春期(4月・5月) 10:00~17:00
      夏期(6月~9月) 10:00~18:00
      秋期(10月・11月)10:00~16:00
      【受付は閉館30分前まで】
休館日   月曜休館(但し、月曜が祝祭日の場合は翌日)12月1日~3月31日 
      展示替えの日は臨時休館といたします。
観覧料   一般 300円  高校生 200円  小中学生 100円  (洞爺湖町民は無料)
      各種割引制度有  詳細はこちら
設 備   エレベータ・多目的化粧室・車いす・駐車場等を完備しています。

お知らせ

◎今期の開館は11月30日(金)までとなります。
 (12月~3月末まで冬季休館)

◎10月1日から芸術館の開館時間は秋季時間
 10:00~16:00となります。(15:30受付終了)

「アートギャラリー北海道」への参加・連携をしています。 詳細はこちら

フェイスブック始めました
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
10月21日(日)~11月3日(土)第13回町民ギャラリー
長崎保英&中川哲治 盆栽展
詳細はこちら

10月27日(土)~11月30日(金)
コレクション企画 ビエンナーレ特別展「私の好きな作品展」
今回のコレクション企画は、4 月 1 日から 8 月 31 日まで、来館者の皆さまに、当館のビエンナーレ所蔵作品の中から選んでいただいた作品を展示させていただくことにしました。さて今回の展覧会には「あなたが選んだ」作品は展示されているでしょうか?

10月27日(土)
ギャラリートーク 本郷新記念札幌彫刻美術館 館長・寺嶋 弘道 氏
テーマ:「立体表現の現在 ―裸体彫刻からロボットまでー」
明治初頭、ヨーロッパから導入されたブロンズ彫刻の技法は、人体を模った裸体彫刻や肖像彫刻としてまたたく間に全国に広がった。近代化の歩みとともに彫刻はさらなる発展を遂げ、今日、大きな転換点を迎えている。コピーとAIの時代から文明開化 150 年の光と影を追う。
午後2時開演
詳細はこちら

11月4日(日)~17日(土)第14回町民ギャラリー
岡田春夫 流木アート展
詳細はこちら

11月10日(土)
朗読音楽会「ロバのおうじ」
グリム童話原作の絵本『ロバのおうじ』。表現豊かな朗読、限りなく優しい古楽器リュートの音色、そして繊細な挿絵の投影が、皆さまをより深い物語の世界にお誘いします。
出演:リュート演奏・永田 斉子、朗読・兎ゆう
午後2時開演
詳細はこちら

年間のイベント情報はこちら

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional